新築住宅を考える方へ ~大分のオヤジの日記~
建築士のオヤジが新築住宅の現状を考える日記です。

キッチン

6月 25th, 2018 by なべ

最近多くの家庭で取り入れられている対面キッチン。この対面キッチンとは、キッチンに立った時にダイニングやリビングを見渡せるようなつくりになっているキッチンのことを指します。キッチンに立って家事をしながらリビング・ダイニングが見渡せることでそこで遊んでいる子ども達の様子をしっかりと確認できるため安心して家事を行うことができますし、好きなテレビ番組を見ながら家事を行えたり、家族とコミュケーションを取りながら家事が行えるので孤立感がなく、より家事を楽しみながら行うことができるのです。

対面キッチンは、大きく分けて「アイランドキッチン」、「ペニンシュラキッチン」、「I型キッチン」、「セパレートキッチン」、「L型キッチン」と5つに分けられます。中でも一番多く取り入れられているのがI型キッチンです。コンロからシンクまでが横一直線に並んでいるキッチンです。キッチンの前にカウンターが設けられることが多く、セミオープンキッチンと呼ばれています。LDKの一体感もしっかりと得られますし、気になる手元部分を隠せるため急な来客時でもスムーズに対応できます。

アイランドキッチンも人気です。このキッチンの特徴は開放感です。視線を遮るものがないのでLDKの一体感が高く、開放感がしっかりと得られます。キッチンの周りをクルクルと回ることができるため、動線のスムーズさが高く、自由に最短距離で移動できることで使い勝手の良さや家事の効率も高まります。ペニンシュラキッチンは、アイランドキッチンの左右どちらかが壁にくっついた対面キッチンのことをいいます。アイランドキッチンは間取りにかなり制約がでてくるのですが、ペニンシュラキッチンは片方が壁についているため、間取りの制約を受けず取り入れやすいのです。

セパレートキッチンは、シンクとコンロを別々に分けたものをいいます。L型キッチンは、キッチンをL字型に曲げたキッチンで、I型キッチンよりも大きいため存在感もあるのです。自分に合ったキッチンスタイルを取り入れ、キッチンの居心地の良さを確保したいものです。

Posted in 家造り


(comments are closed).