新築住宅を考える方へ ~大分のオヤジの日記~
建築士のオヤジが新築住宅の現状を考える日記です。

玄関周りの充実

1月 17th, 2018 by なべ

玄関は家族が毎日出入りを行う場所でもありますし、お客様が最初に足を踏み入れる場所でもあります。住宅のかおとも言われる部分であるだけに我が家は玄関を重視しました。まずは玄関横に設けたシューズクロークです。

ここには家族の靴を大容量に収納できるようにするだけでなく、屋外で使用する子ども達のおもちゃやボール、工具やアウトドア用品、三輪車やベビーカー、ゴルフバックなどの趣味道具などまで収納できるようにしっかりとした広さを確保しました。ここの収納力を高めたことで、玄関の脇に屋外で使用した物が散らかりにくく、脱ぎ散らかした靴が散らかることも減っています。

シューズクロークの収納力を高めることと、このシューズクロークは家族用の玄関も兼ねておりここからスムーズに室内へ入れるように動線を確保しています。靴や物を片付けると同時に室内へとスムーズに入ることができるのでメインの玄関を美しく保ちやすいのです。玄関とシューズクロークの境にはアーチ状の垂れ壁で繋いでいます。

シューズクローク側の内壁には、壁厚を利用して家族用のスリッパラックを設けました。見た目はマガジンラックのような形状をしており、毎日脱ぎ履きをするため、サッと取り出しサッとしまえるようにしたのです。メインの玄関からはこのスリッパラックは目に入らないので生活感を与えることもありません。お客様用のスリッパラックは玄関ホールの壁厚を利用して縦長のものを設けています。使用頻度が低く、スリッパという生活感で溢れる物が目に触れないようにここにはミラー扉を設けました。これならスリッパにホコリをかぶる心配もありませんし、生活感も与えません。ミラー扉なので外出前に身だしなみを整えるにも最適です。玄関周りが充実していることで住まいの第一印象もスッキリと、そして家族の出入りもスムーズに行えているのです。

Posted in 家造り


(comments are closed).