新築住宅を考える方へ ~大分のオヤジの日記~
建築士のオヤジが新築住宅の現状を考える日記です。

捨てる基準

11月 17th, 2017 by なべ

捨てるかどうかを見極める基準は、一年間一度も使用していないものです。もちろん行事的に一年に一度しか使わない物は除きますが、服や靴などの日常的なものに関しては、一年使わなければ、取り除いて良いでしょう。

取り除くといっても、捨てるばかりではありません。まだ品質としては着られる、高かったから捨てられないなど、もったいないと思う物は、リサイクルやチャリティに出すとよいと思います。喜んで使ってくれる人はたくさんいるのです。リサイクルショップでは、品質が良ければ、高値で買い取ってくれる事も多くあります。

一度収納の中身を数えてみると、一年以上使っていないものは、毎日使っているものに比べて多いという事も珍しくありません。すぐ処分する決心がつかない場合は、一年間一度も使用していないもの箱にまとめてみましょう。次の年に開けてみて、一度も使っていなかったら、それは要らない物です。

リサイクルショップに持ち込む場合は、コツがあります。多くのリサイクルショップでは、季節外のものを買い取ってくれない事があるのです。特に衣類などは、暖かくなってくれば冬物を、寒くなってくれば夏物を持ち込みたくなりますが、そのタイミングではお店でも売れなくなります。買い取ってくれても、見積価格は低くなるでしょう。

そこで、衣替えの時に、そのシーズン一度も使用しなかったもの箱を作ります。例えば夏の終わりに、その夏一度も使わなかったものを専用箱に仕舞っておき、次の衣替えの時、その箱を開けてもう一度判断し、使わないと思ったらリサイクルショップに持ち込みます。シーズンの少し前ですから、リサイクルショップでも喜んで買い取ってくれるでしょう。

Posted in 家造り


(comments are closed).