新築住宅を考える方へ ~大分のオヤジの日記~
建築士のオヤジが新築住宅の現状を考える日記です。

一階と繋がる二階ホール

8月 5th, 2017 by なべ

階段を上がった先の二階ホールを有効活用させましょう。二階ホール部分だけでなく廊下部分も活用させた家造りを行う人が増えてきました。今までは二階ホールや廊下部分はただの通路としてしか利用されていませんでしたが、最近では廊下部分に天井から吊るした室内物干しを設けたり、二階ホール部分にカウンターを造り付け書斎スペースとして利用したり憧れの空間をここに実現したり、家事のしやすい家を完成させる大事な空間として考えられるようになってきました。

我が家の二階においてもこのホール部分を中心に間取りを決めたほどです。我が家はこのホールを中心に各部屋へ行き来する造りにしています。そのため廊下はありません。各スペースを広く確保でき、最大限に有効活用できています。そして一階との二階の繋がりを大事にするためにリビングの一部分を吹き抜けにしました。その吹き抜け部分に面して二階のホールが設けられており、ここの腰壁には透明のパネルを設けました。パネル扉にすることで視線が二階ホール部分にまで行き届くことで一階と二階の繋がりを高められています。

そしてホール部分には床から天井にまで広がる本棚を設けています。たくさんある本をここ一か所に整理することができています。本だけでなく写真が趣味の我が家にはたくさんのアルバムもあります。このアルバムもここに整理することができています。二階ホールがミニライブラリーのような空間が広がり、ここで読書をしたり、アルバムを開いて写真を見返したりしています。二階ホールや廊下も上手に活用させましょう。

Posted in 家造り


(comments are closed).