新築住宅を考える方へ ~大分のオヤジの日記~
建築士のオヤジが新築住宅の現状を考える日記です。

ニッチのある家

7月 29th, 2016 by なべ

最近住宅で多く取り入れられているニッチ。このニッチとは、壁の厚みを利用し、飾り棚を設けたり、収納スペースを確保することです。壁の厚みさえも無駄にしない家造りは、満足度の高い家を完成する大きなポイントでもあるのかもしれません。我が家はできるだけこのニッチを設けてもらいました。ニッチが人気を高めている理由には、空間的に余裕がある場所でも、余裕がない場所でもどちらでも設けることができることです。特に空間的に余裕のない場所にニッチを設けることで、魅力に感じることが多いのです。

例えば、廊下や階段途中など、何もないと殺風景になりがちです。しかし人が行き来する場所であるので、ここに飾り棚を設けると、行き来をする際に邪魔に感じたり、通行の妨げになってしまうことがあります。このような場合、ニッチを設ければ邪魔に感じさせることなく、空間にアクセントを与えてくれ、華やかな印象を与えることができるのです。

またトイレなど広さに限りのある空間にも、トイレットペーパーやサニタリー用品など収納しておきたいものは意外と多いです。このような場合にも、ニッチ収納を取り入れれば、空間に圧迫感を与えることなく、必要なものをきちんと管理しておくことができるのです。トイレットペーパーなどの生活感を感じさせるものが目に入ると見た目の印象を損なってしまうので、ニッチの前には扉を設けて、収納しているものをきちんと隠しておけるようにしておくといいのです。

我が家にはキッチンの前に設けた腰壁にニッチを設けました。調味料入れのニッチは、必要な調味料が出し入れしやすく、作業スペースを広々とできています。壁の厚みさえも無駄にせずニッチを取り入れてみてはいかがでしょうか。

Posted in 家造り


(comments are closed).