新築住宅を考える方へ ~大分のオヤジの日記~
建築士のオヤジが新築住宅の現状を考える日記です。

ニッチ

11月 4th, 2015 by なべ

ニッチとは、壁の厚みを利用して飾り棚を設けたり、収納するスペースを設けることです。壁の厚みを利用するので空間に全く圧迫感を与えないのが一番の魅力なのです。広さに限りのある空間でも取り入れることができるというのは嬉しいものです。

私の友人宅には玄関に飾り棚と収納スペースとどちらの機能も兼ね備えたニットを設けていました。縦長のニッチの上部と下部は飾り棚としてのニッチが設けられていました。中央部分はお客様用のスリッパラックとしての収納のニッチが設けられていたのです。玄関に、収納しているスリッパが目に入ると生活感を感じてしまうのでスリッパラックのニッチ部分には、ミラー扉が設けられていました。来客者用のスリッパは使用頻度が低いです。しっかりと扉で覆うことでホコリをかぶる心配もありませんし、生活感を感じることもありません。

また扉を閉めている時は全身鏡として利用できるので、お出かけ前の身だしなみのチェックを行うのにも最適なのです。ニッチは飾り棚としての印象が強かったのですが、飾り棚兼収納スペースとなるニッチは、デザイン性と機能性を兼ね備えておりとても印象的でした。

玄関スペースは住宅の第一印象となる場所でもあるだけに、なるべくごちゃごちゃした印象は避け、スッキリとオシャレな空間にしたいものです。それを実現させるには壁厚を利用したニッチは大変有効的です。玄関だけでなく、ニッチはどのような場所でも効果を発揮してくれるので、設けることができる部分には積極的に取り入れるといいと思います。

Posted in 家造り


(comments are closed).